2週間ダイエット食事と運動でマイナス10キロを達成!痩せるために必要な全てのステップ

2週間のダイエットは、食事と運動の組み合わせで痩せることができます。

短期間ではありますが、2週間あれば誰でもある程度の結果を出すことは可能です。

ただしダイエットのやり方で、同じ2週間でも成果の出方が全く異なります。

3キロダイエットしたい人と、5キロダイエットしたい人ではダイエットメニューが変わります。

2週間で5キロダイエットするほうが、メニューの負荷が高くなります。

もし10キロ痩せたい場合は、かなりの負荷をかけてダイエットをする必要があります。

目標とする値を決めて戦略的にダイエットを行うことが、2週間ダイエットでは重要になります。

効果的なダイエットメニューをこなせば、2週間で確実に痩せることができます。

2週間で結果を出せる、戦略的なダイエットメニューを紹介します。

2週間とうい短期間でも、ポイントを押さえれば必ず痩せることはできます。

どうすれば痩せることができるかを理解することが、成功への近道になります。

2週間ダイエットで痩せるには

2週間ダイエットを実践する前に、痩せ方について理解しておくことが重要です。

一般的にダイエットを開始すると、1週間から2週間目の間で体重が落ちることが多いです。

これには個人差があるので、3日目で体重が落ちる人もいれば、10日目で落ちる人もいます。

ダイエットは開始後に一度体重が落ちて、その後はしばらく停滞期に入ります。

停滞期に入ると、体重が落ちなくなり焦ってしまいます。

ですが停滞期はダイエットをしていれば、誰もが経験することなので避けては通れません。

2週間ダイエットでは、その停滞期の前の体重が落ちた状態で終わることが多いです。

早い人であれば、3日でダイエットの成果がでることもあります。

ただしその後は、体重が落ちない期間が続き挫折してしまうのです。

2週間ダイエットの痩せ方としては、多くの場合1度体重が落ちるところで終わります。

もしもっと痩せたいと感じたならば、その後もダイエットを続けると停滞期から抜け出すことができます。

個人差はありますが、3週間目から4週間目に再び体重が落ちる人が多いです。

2週間ダイエットが完了した後も、ダイエットを続けるとさらに痩せることができます。

2週間ダイエットのメニュー

f:id:teke1102:20170208142540j:plain

2週間ダイエットの痩せ方を理解したら、メニューを実践することが重要になります。

基本的にダイエットメニューは、王道ですが運動と食事制限で行います。

この方法以外に、ダイエットを成功させることは非常に難しいからです。

ただし運動と食事制限と言っても、人によって負荷を変える必要があります。

3キロ痩せたい人と、5キロ痩せたい人では同じ負荷でダイエットしては結果が異なるからです。

10キロ痩せる場合は、相当な覚悟で臨まなければ2週間でダイエットすることはできません。

また2週間ダイエットで重要なことに、現在の自分の体重でどれだけ落ちるのかを把握することもあります。

もし160㎝で55㎏の場合は、3キロから5キロ痩せるのが良いところでしょう。

この数値で10キロ痩せるのは、健康上お勧めできるものではありません。

仮に160㎝で100㎏ならば、10キロ落とすことは可能かもしれません。

このように体重がどれだけかで、2週間でダイエットできる数字が変わります。

以下でBMIの計算ができるので、肥満がどれくらいかによって計画を立てましょう。

性別男性女性
身長cm
体重kg

BMI
標準体重kg
肥満度

標準の場合は、1キロから2キロがダイエットの目安となります。

肥満(1度)の場合は、3キロから5キロがダイエットの目安となります。

肥満(2度)の場合は、5キロから8キロがダイエットの目安になります。

肥満(3度)と(4度)の場合は、8キロから10キロがダイエットの目安となります。

最初から無理をし過ぎると、ダイエット後にリバウンドをしてしまう可能性が高くなります。

上記はあくまで目安なので、自分の目標と体重などから無理ないダイエットを行いましょう。

2週間ダイエットの食事制限

f:id:teke1102:20170208144034j:plain

2週間ダイエットに限らず、ダイエットでは食事制限を行わなければ結果が出ません。

良く食べても痩せるとありますが、食べた分のカロリーや量をリセットすることはできません。

確実に痩せたいのならば、食事制限は2週間ダイエットでは避けて通れないのです。

食事制限に関しては、ファスティングダイエットを取り入れると効果的です。

特に夜ごはんに関しては、炭水化物は不要なのでおかずのみにしたほうが良いでしょう。

できれば朝か昼も取り入れると効果的ですが、それは生活に関わるので無理はしないでください。

ダイエット初期は体重が落ちにくいです

ダイエットは初期になかなか体重が落ちにくく、痩せないと挫折する人も多いと思います。

ダイエットは成果を感じないと挫折してしまうので、私は最初の1週間は、ファスティングダイエットで5キロ痩せました。

ファスティングダイエットは短期間で一気に体重を落とせるダイエット法として有名です。

体重が落ちるとダイエット継続のモチベーションになるので、少し辛いですが試す価値は高いですよ!

糖質制限サプリでリバウンドを防止

ファスティングダイエットは体重が落ちやすいのですが、その後の食生活を戻すとリバウンドをしやすいです。

ダイエット成功後もキレイな体を維持するために、日頃から食生活をコントロールしましょう。

特に糖質は太る原因になるので、しっかりと制限することで綺麗な体を維持することができます。

今は糖質の吸収を抑える効果が期待できるサプリもあり、私も外食や普段の食事に利用しています。

ファンケルの大人のカロリミットは糖質や脂肪の吸収を抑える効果が期待できるので、糖質制限ダイエットのリバウンド防止にピッタリです。

やり方は食事前に4粒飲むだけと簡単なので、ダイエットの補助に活用してください。

大人のカロリミットは、公式サイトの通販で、お試し2週間分+1袋が1,000円(税込)とお得に試すことができます!

大人のカロリミット
▲ お試し1000円!送料無料 ▲

ダイエットはスタートで失敗すると継続できません。

痩せることを実感できれば、ダイエットが楽しくなり継続させることが可能です。

その意味で2週間ダイエットの最初の1週間はかなり大事な時期になります。

2週間で3キロのダイエット

2週間で3キロのダイエットは、実はそこまで難しくありません。

少し負荷をかけた食事制限だけでも、2週間で3キロのダイエットをすることは可能です。

もちろん現在の体重にもよりますが、肥満傾向の人ならば達成可能な数字です。

標準体型の人は、少し負荷を上げなければ2週間で3キロは難しいかもしれません。

ですが食事制限と運動を取り入れれば、標準体型でも2週間で3キロのダイエットは可能です。

標準体型の人の場合は、筋トレなどを継続させれば引き締まった美しい体になれます。

2週間で3キロのダイエットは、夜の食事制限が成功の鍵を握ります。

日本人の多くは夜ごはんのカロリー摂取が大きいので、それをできる限り減らしましょう。

炭水化物を抜いたり、夜はサラダだけにするなどの食事制限が効果的です。

夜ごはん普段少ない人は、他の食事で調整を行いましょう。

朝や昼の食事量を減らすことでも、確実に2週間で3キロ痩せることができます。

1食の量を減らすだけならば、健康にも影響はないので実践可能です。

2週間で3キロと聞くと難しいと感じるかもしれませんが、糖質制限ダイエットや置き換えダイエットなど食事制限をすることで達成可能です。

2週間で5キロのダイエット

2週間で5キロのダイエットとなると、少しダイエットのハードルが上がります。

基本的に標準体重の場合は、2週間で5キロダイエットするのはかなり厳しいです。

肥満気味の人ならば、2週間で5キロのダイエットは十分可能な数字です。

標準体型の人が2週間で5キロダイエットするには、食事制限を大きくする必要があります。

昼と夜の食事を、炭水化物抜きにしてできるだけローカロリーに抑えましょう。

タンパク質も最低限にして、運動も取り入れると効果的です。

運動もジョギングやランニングなど、負荷を上げた運動をする必要があります。

精神的にけっこう辛いですが、2週間続ければ5キロ前後痩せることは可能です。

ただし負荷が高いので、無理に2週間にこだわる必要はないと思います。

標準体重の人ならば、2週間に3キロのダイエットを続ければ1ヵ月から2か月もあれば5キロは痩せることができます。

そのほうが精神的にも楽ですし、無理なくダイエットに成功できるからです。

肥満気味の人は、食事制限とジョギングや筋トレを組み合わせましょう。

食事は昼と夜を炭水化物制限をして、全体的な量を減らすことが重要です。

運動もジョギングと筋トレを組み合わせれば、2週間で5キロダイエットは可能です。

肥満気味の人ならば、2週間で5キロは意外と達成しやすいダイエットになります。

ただし普段食べている量が多いので、食事を減らすストレスとは戦わなければなりません。

ですが食事量を減らすことが、2週間で5キロダイエットするのに最も効果的です。

2週間で10キロのダイエット

2週間で10キロのダイエットは、正直言って標準体型の人にはできません。

そもそも体重が少ないので、10キロ痩せること自体がかなり大変だからです。

そのため2週間で10キロのダイエットは、肥満の人向けのダイエットになります。

肥満向けと言っても、先ほどのBMIで肥満(3度)以上向けになります。

肥満(2度)でも可能かもしれませんが、2週間という期間ではかなり難しいです。

10キロのダイエットはかなり過酷なので、無理をしないようにしてください。

2週間で10キロダイエットするには、食事制限をかなり大きくする必要があります。

特に肥満の人は、1食でかなりの量を食べるのでそこから改善します。

朝昼夜全ての食事量を減らすことが、2週間で10キロ痩せる第一歩になります。

全ての食事量を減らす理由は、脳にその食事量で満腹感を与えるためです。

1食でも多いと、すぐに普通の食事量に戻る可能性が高いので短期間で改善させます。

毎日の食事量が減ったことは、2週間あれば脳は認識してくれます。

また2週間で10キロのダイエットには、運動も必要になります。

運動はジョギングと筋トレを取り入れるとかなり効果があります。

ただし肥満の人がジョギングをすると、負荷が高く膝などに影響が出てしまう可能性があります。

肥満傾向の人におすすめの運動としては、プールでの水中歩行になります。

プールでの水中歩行は、膝など体への負荷が少なくダイエット効果が高いのでお勧めです。

2週間ダイエット成功のコツ

2週間ダイエットを成功させるコツは、2週間で絶対に痩せる方法を実践することになります。

正直なところ、2週間の運動だけではそこまで痩せる効果は期待できません。

運動で消費するカロリーはたかが知れているので、運動だけで痩せることを目標とするのは挫折につながるのでおすすめできません。

2週間ダイエット成功には、必ず食事制限が必要になります。

実際に私も色々なダイエットを経験しましたが、食事量をなるべく減らすことが最もダイエット効果が高くおすすめです。

特にファスティングダイエットは、最初の3日はキツイですがダイエット効果は抜群です。

酵素ドリンクを中心とした食事にしてダイエットをすることで、着実に痩せやすい体質を作ることができます。

2週間という短期間で成果を出すには、食事制限を実践することがポイントになります。

2週間ダイエットで成功した後は

2週間ダイエットは成功しやすく、誰でも実践可能なダイエット期間になります。

ただしダイエットを止めると、すぐにリバウンドしてしまうのが2週間ダイエットの欠点です。

2週間ダイエットに成功した後も、継続的にダイエットを続けるとリバウンドを防止できます。

一度体重が落ちたら、同じ負荷で継続しなくてもダイエットは続けられます。

その時の体重などに合わせて、最適なダイエットをすることが成功の秘訣です。

ダイエットの成功は基本的に、食事制限がダイエット成功のポイントとなります。

これは2週間ダイエットでも同じなので、食事制限はしっかりと行いましょう。

それにプラスして運動を取り入れると、相乗効果で痩せやすい体を作ることができます。