クーパー靭帯とは?バストの垂れを改善するナイトブラ

クーパー靭帯って何?バストが垂れるのと関係あるの?

クーパー靭帯はバストの垂れと密接な関係があります。

お家にずっといる時や、寝ている時、ノーブラ派の方も多いと思います。

id_00027

グンゼが調べた調査でも、寝るときにブラをつける習慣がない人が多くを占めています。

寝るときにブラをつけない理由としては「リラックスできないから」「なんとなく」「暑いから」など、着用時の寝心地を気にされているようです。

ですが、寝る時にブラをつけないと絶対に後悔します。

ノーブラで寝るデメリット
  • 胸が垂れてくる
  • 垂れた下向きのしおれたバストになる
  • 胸のハリがなくなってくる

なぜ、ノーブラで寝るとバストが垂れてしまうのか。

その理由はクーパー靭帯にあります。

クーパー靭帯がバストアップの鍵

クーパー靭帯の構造と伸びる仕組み

クーパー靭帯とは乳頭、大胸筋、皮膚とつながったコラーゲン繊維でできている結合組織のこと。

胸全体を包み込むように張り巡らされ、胸を乳腺や脂肪を吊り上げるように支えています。

つまりクーパー靭帯の働きによって、胸は重力に負けず丸い形を保っているということ。

ツンと上向きのきれいなバストを保つために、クーパー靭帯はとても重要な役割を果たしている組織なんです。

クーパー靭帯は切れたり、伸びてしまうと修復することができません。

女性は思春期や授乳期の時に胸が大きくなったりしますが、その時にクーパー靭帯も一緒に引き伸ばされます。  

その後、ダイエットや加齢などで胸が小さくなったとしても、恐ろしいことにクーパー靭帯は伸びたままなのです。  

クーパー靭帯が伸びたままという事は、胸を支えられないという事。   つまり、胸が垂れてしまうということなのです。

クーパー靭帯が切れたり伸びたりする原因
  • 日常的にノンワイヤーブラをつけている    
  • サイズの合っていないブラをつけている  
  • ノーブラで寝ている

中でも寝ている間は、何度も寝返りを打ったりして、横向きや下向きなど色々な方向に重力がかかってしまうの。

このクーパー靭帯を守るのに大事なのがブラ。

ただし普通のブラは下向きにかかる重力を計算して作られているため、寝ている時にかかる重力の向きは全然違うため、普通のブラでは支えられません。

そんな寝ている時にクーパー靭帯を守ってくれるのがナイトブラ。

今までノーブラで寝ていた人も、「今はまだ垂れてないわ」って人もぜひナイトブラをつけるのをおすすめします!

もちろん30代や40代でバストの垂れが気になる方にもおすすめです。

バストの垂れ改善におすすめのナイトブラ

ナイトブラの種類は色々あるからどれにしようか迷うと思います。

4年間で使ったナイトブラは数知れず。

色んなナイトブラを試した結果、特におすすめのナイトブラを3つ紹介します。

ナイトブラは毎日着用したほうがいいので、最低でも2枚は持っておいた方がいいですよ!

特におすすめはモテフィットなので、バストのたるみに悩んでいるなら一度試してみて下さい。

毎日ナイトブラを使うだけで、思っている以上の効果がありますよ!

モテフィット